【中学受験2025】合同説明会(3/24よみうりGENKIフェスタ2024は予約開始)

中学受験

2024年最初の大規模合同説明会は「よみうりGENKIフェスタ 2024」(SAPIX特別協賛)です。

2024/3/24(日)、有楽町の国際フォーラムで開催されます。

事前申し込み要です(3/10まで)。抽選制ですが予約開始済です。

中学・高校進学相談会 よみうりGENKIフェスタ2024 : 読売新聞オンライン
首都圏を中心とした約200*の中学校・高等学校が集まる進学相談会。学校個別相談ブースや、勉強の参考になる特別座談会、セミナーなど、小・中学生から保護者、先生まで、役立つ情報をいち早くお届けいたします。

以下、まだ情報少ないですが、2025年受験向け合同説明会についての記事になります。

スポンサーリンク

そもそも合同説明会とは

合同説明会は、「多数の」学校が集まって1つの外部会場で行われる説明会です。

合同説明会に参加する学校は、事前に主催者のホームページで確認できます。

大規模なものは、有楽町の東京国際フォーラムなどで開催されます。

会場では、学校ごとにブースで区分けされ、ブースの長机の向こうに学校関係者(主に入試担当ですが、中には頻繁に校長自ら参加する学校もあります)が2~3名いて、参加者(受験生の親など)は興味のある学校のブースに行って順番に並び、空いた学校担当者1名と一定時間、直接話すことができます。

就職活動のときに合同「会社」説明会に行ったことがある方は、「会社」を「学校」に置き換えれば会場のイメージがつくかと思います。

学校のパンフレットは、(品切れでなければ)各学校のブースに行けば貰えます。

コロナ後は、各ブースのいちばん後ろの席など取りやすい位置にパンフレットを山積みでおいてくれる学校も多いです。

当方の場合、まずは、少しでも受験しようか迷っているレベル以上の学校のパンフレットをかき集め、それから、どちらかというと併願校候補の学校とパンフレットをもとに何校か話をしてみて、併願校の絞り込みに繋げていました。比較的気軽に、短時間で何校とも話ができるのが合同説明会の特長です。

なお、コロナ前は基本的に入場時間の制限はありませんでした(予約も不要でした)が、コロナ後は一定の時間制限付きで、事前予約が必要な合同説明会が殆どです。予約は先着順か抽選のどちらかになります。

ちなみに、長時間会場にいると結構疲れます。それなりに体力があるはずの当方でも休み休み動いていました。

これは子供も同様で、我が家の場合は、6年6月末頃の日能研公開模試の裏で開催される「日能研私学フェア」を除いて、合同説明会には子供は連れていきませんでした。

ちなみに子供連れでブースで個別相談すると、特に女子校では、先生からシャーペンなどの粗品がもらえることもあります。

スポンサーリンク

合同説明会でできること

基本的には、合同説明会は学校ごとに区切られた個別相談ブースで、興味を持った学校の関係者と個別相談ができるイベントです。

事前に主催者ホームページで参加学校を確認し、話をしたい学校を3~4校程度(入場可能時間による)、優先順位付きで決めておきましょう。もちろん、話す内容もですが、そんなにいっぱいは話せません。

もしくは、とりあえず欲しいパンフレットを一気に集めた(最低限の成果)あとで、興味があり、かつ、あまり保護者が並んでいない学校を選んで1つ2つ聞いてみる、という動き方もあると思います。

合同説明会で軽く話してみて、さらに深く知りたいと思った学校が見つかったら、個別の学校説明会に参加して話を聞いてみる(学校説明会は基本的に学校からの説明を聞くイベントです)、という順番でよいかと思います。

前置きはこのぐらいで・・・

スポンサーリンク

主な大規模合同説明会

よみうりGENKIフェスタ2024(3/24(日))

中学・高校進学相談会 よみうりGENKIフェスタ2024 : 読売新聞オンライン
首都圏を中心とした約200*の中学校・高等学校が集まる進学相談会。学校個別相談ブースや、勉強の参考になる特別座談会、セミナーなど、小・中学生から保護者、先生まで、役立つ情報をいち早くお届けいたします。

いきなりSAPIX特別協賛の合同説明会ですが、SAPIX生でなくてももちろん(抽選はありますが)参加できます。

参加予定校は2月8日に主催者ホームページで公開済です。

資料のみ参加校(資料配布コーナーに資料だけ置く学校=実質不参加、資料も少ない。開成、女子学院など)と、高校のみ募集校(今回ごく一部です)を除いても、以下のとおり、当方目算で東京118校のほか、神奈川・埼玉・千葉からも参加があるのが特徴です。

  • 東京118校(麻布、武蔵、桜蔭、雙葉など)
  • 神奈川16校(浅野、洗足など)
  • 千葉13校(渋幕、市川、東邦大東邦など)
  • 埼玉11校(栄東、開智・開智所沢、浦和明の星など)
  • 国立2校(お茶の水女子など) ※ここまで合計160校

この学校説明会は、コロナ後は事前予約要・抽選制となっているのですが、1点特徴があります。

抽選申し込みにあたり、入場希望時間を選択する方式です。(2024年は第1~第3希望を選択)

開催時間は10:00~16:00ですが、入場希望時間帯を上図の選択肢から選択することになります。

差はあくまで初回入場時間帯のみで、10:00~入場の場合、10:59までに入場したあとは16:00まで滞在可能です(退場・再入場も可)。

14:00~入場の場合でも、滞在可能時間はもちろん16:00までです。

ということは、長く滞在したい(もしくは、ブースが空いているうちに個別相談したい、品切れ前ににパンフレットを入手したい)場合はなるべく早い入場時間を選択する・・・のですが、当然ながら、この合同説明会は午前中の入場時間帯に希望が集中します。

実際のところは、6時間もまわれるほど体力が持たないですよ・・・

当方は入場できることを第一に考えて、あえて一番遅い時間帯を第一希望に選択していました。

以下、ご参考です。

なお、よみうりGENKIフェスタの時期だと、まだ2025年向けのパンフレットは作成されておらず、貰えるパンフレットは2024年向けになります。

あと、この合同説明会に限りませんが、概ね難関校のブースが混雑する(なかには1時間以上待つことも)傾向はあるのですが、意外な学校が待ち時間なしになることもあるので、当日の混雑度合を見て取捨選択すると良いかと思います。

最後に、【トイレ含め、途中退場時】は、必ず退場前に再入場に必要な手続きを確認・実施してください。

私立女子中フェスタ(3/31)

私立女子中学校フェスタ
私立女子中学校フェスタ

予約開始日は3/2(予約開始時間は未定)です。

既に参加予定校は公開されています。女子校のみ18校。

よって大規模ではないのですが、他の合同説明会と明らかに違うのは、各校の生徒によるイベントであることです。

2023年は久々のリアル開催で、あっさり先着順で満席になりました。

ちなみに、男性(父親)のみでの参加は不可です。

Discover 私立一貫教育2024東京私立中学合同相談会(5/12)

※まだホームページはありません。

東京私立中学高等学校協会が主催の、東京国際フォーラムで開催される、中学受験界では最大の合同説明会です。

御三家クラス含め、東京都の私立中学ほぼ全校(昨年は174校)参加します。

また、これに合わせて新年度のパンフレットを用意する学校が非常に多いです。

昨年は先着順でも抽選でもなく、事前登録のみで入場できる仕組みでしたが、、

超絶大混雑。詳細は以下ご参照ください。

おそらく今年は抽選制に戻すように思います。

受験なんでも相談会(中学は6/22(土))

※まだホームページはありません。

過去問でお馴染みの、声の教育社が主催する大規模合同説明会。

こちらは昨年も抽選制でした。今年も新宿住友ビルで開催予定のようです。

日能研 私学フェア(たぶん6/30)

※まだホームページはありません。

6年生の公開模試の裏で開催される、大規模合同説明会。

コロナ前はミニ学校説明会を聞き放題だったこともあり、当方はほぼ丸一日参加したこともあるのですが、近年はそもそも日能研内部生以外は(場所が狭いため?)参加できるかも微妙、というもの。

日能研内部生も、今のこの合同説明会には正直あまり期待しないほうがよいと思います。

そのほか

女子校アンサンブル(例年は4/29)とか、私立女子中学に触れる会(ししょくかい)とか、東京都私立学校展(8/17~18)は近日追記します。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(日能研)へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました