【中学受験】6年生9月以降の日能研との関わり

中学受験

日能研では、6年生9月以降、入試問題レベルの問題演習中心になります。また、特定の難関校対策に特化した「後期日特」という演習も始まります。もちろん過去問演習も、塾の先生の指示に従って開始します。

ここでは、親の立場で、6年生9月以降の日能研との関わりを書いていきます。なお、日能研に限らない、一般的な6年生9月以降の親の役割については、それはそれでたくさんありますので、以下をご参考ください。

以下は2019年度の我が家での話です。2020年度は私学フェアもNフレンズも中止?のような状況なので、実態とは異なるはずです。

スポンサーリンク

併願作戦保護者会と個別面談

7月頃、(いつもの教室の先生ではなく)日能研本部の先生が併願校の選択・決定に向けた各種比較材料(親としては、6年間の各校学費データ比較にどうしても関心が・・・)を提供して説明する保護者会がありました。ここで得た情報などをもとに、各家庭ではこのあと、併願に関する個別面談に向けて併願先を検討することになります。

その後9月に、(これも、敢えていつもの教室の先生ではなく)別の教室の先生との個別面談がありました。本人の特徴や、本人や保護者の学校選択にあたっての希望条件などの保護者による申告と、本人の公開模試の偏差値推移データをもとに、敢えて別の教室の先生が第3者の眼で、選択した受験校(併願校を含む)について確認・検討することになります。

我が家は特段、見直しとかの話は出ませんでした。もっとも、この時点では併願校はある程度は志望順位含めて決まっていないと、この先は子供はもちろん保護者も忙しくなり、学校説明会等で情報収集することは難しいです。並行して準備する過去問も変わってしまいます。

なお、この後は、いつもの塾の先生と別途、個別面談の場などで相談して併願校を確定させます。

スポンサーリンク

公開模試の送り迎え、外部会場での保護者会

9月以降、公開模試は外部会場で受験となります。但し、難関校の後期日特を受講する人は、別途指定された外部会場(ほぼ大学でした)で受験します。基本的には毎回初めて行く会場になるため、開始前と終了後に子供の送り迎えが必要になります。

日能研から事前にアナウンスがあった記憶は無いですが、9月以降の公開模試では、子供を送った後、その外部会場の別の大きな部屋で保護者会があります。日能研曰く、これも本番疑似体験だそうです(受験生本人が持ち込むべきものを親がもったままになっていないか、など)。ただ、さすがに公開模試+後期日特の時間(8時間程度)を控室で待っている必要など一切ないです(保護者会はせいぜい2時間程度)。

保護者会の内容は会場によって異なるかもしれません。当日の公開模試の問題について、配布資料を用いた振り返りポイントの説明はどの会場でもあると思います。あとは、特に会場が大学ではなく中学・高校であれば、その学校のミニ学校説明会が催されます。

なお、この保護者会でも併願に関する話しが出てきましたが、前回までの公開模試で受験者が登録した志望校登録状況を基にした人気動向分析はともかく、やたらと1月受験を勧めてくる(複数回受験を強く推奨する者もいた)あたりは聞き流してください。日能研は全体的に1月受験推奨ですが、疑問に思ったら、いつもの教室の先生に相談すると良いです。

スポンサーリンク

出願準備保護者会と最終面談

11月には出願準備保護者会があり、ここでは具体的な出願に関する流れや注意事項の説明があります。この後、各家庭ではダブル出願時のケース設定まで含めた全ての合格・不合格ケース毎の受験校の策定、試験当日の子供のタイムスケジュール、出願や合格手続きなどの親のタスク・スケジュールを検討することになります。

12月には最終の保護者会にて、冬期講習およびそれ以降の過ごし方などの説明がありますが、別途、同時期に行われる最終の個人面談の際、併願校含む受験校について、いつもの先生と確認して決定します。

なお、日能研に限らない、出願時の注意点ついては、以下をご参照ください。

その他

実際には、僕は仕事の都合で日能研の保護者会には参加できないこともありましたが、事前にお願いして資料だけは別途いただいて読みました。6年生9月以降は各校の学校説明会(入試説明会)も開催されるので、どうしても日程が重なってしまう場合は学校説明会優先で良いかと思います。

あと、上記面談以外でも、たまに、いつもの教室の先生に電話で、質問したり、意見を聞いてみたり、念のため確認をしたりしていました。よくある質問なのか、相談して即解決したり、追加で有益な情報をいただいたりしていました。2月の試験期間中も含めて。

何を言いたいかというと・・・

自身も中学受験経験があり、中学受験に関する知識をある程度は持っている僕でも、特に6年生9月以降は、いつも通わせている教室の先生にいろいろと聞いています。

ですので、中学受験に関わるのが初めての保護者は、遠慮なく、【ママ友や掲示板ではなく】いつもの先生に確認なり相談なりしてください。それなりに高い授業料を払っているわけですし。極端な話、出願方法とか合格時手続き方法とかで間違えたら、子供がいくら頑張っても水の泡になります。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました